セミナー情報 セミナー情報

マークアイではこれまで20年以上培ってきました各国弁護士・弁理士との信頼関係により、
年に1~3回、お客様のニーズが高い地域を選び現地から代理人を招いて商標や侵害対応などのセミナーを開催しています。

2018年05月15日ご案内7月4日(水) マークアイ主催セミナー
「Brexitの影響とミャンマー改正法セミナー」を開催します。

弊社は下記の通りセミナーを開催いたしますので、お誘い合わせのうえご参加ください。


セミナー概要

 Brexitの問題については、今年10月のEUサミットで離脱協定がまとまるか否かで決定されるが、その経過交渉についても日本企業は多大な関心を抱いている。交渉がまとまらない原因の一つに英国とEUのこの問題に関する捉え方の違いに原因があると思われる。今後の展開にどちらかというと楽観的な英国に対し、EU側が英国に対して抱く感情は「怒り」に近いと言われる。EU商標の問題にしても、英国とEUではその見解に違いが見られる。EU商標はEUの問題であり、今回はこの問題に詳しいEU側の専門家を招聘しセミナーを開催する。

 また、2013年に草案が完成していながら、なかなか商標法が施行されないミャンマーについてもようやく見通しが立ってきたため、専門家に現状と新商標法について解説してもらう。

≪第1部≫

Brexit:その影響と今後のEU商標について

≪第2部≫

ミャンマー:新商標法と今後の展開について



講師

ジューラ・ミジャトヴィッチ(Djura Mijatovic) 先生
Zivko Mijatovic & Partners所長であり、EU弁理士であると同時に英国法廷弁護士でもある。旧ユーゴ出身で特に東欧及び中欧での権利行使に実績を持つ。Brexit問題に関しても詳しく、昨年はCITMA(英国商標弁理士協会)の招きでロンドンにおいてBrexit後のEU知財に関してセミナーを開催した。
【 Zivko Mijatovic & Partners事務所 】
1939年旧ユーゴスラビアに設立され、現在は中東欧を中心に15か国に事務所を有する。2018年は15国中、9か国の事務所がその国におけるトップランクの事務所としてWTR1000に選出された。

ティン・オーンマール トゥン(Tin Ohnmar Tun)先生
ミャンマーの法律学士取得後、英国法廷弁護士となり、1982年the Law Chambers事務所を設立、所長となる。アセアン知的財産協会(AIPA)会長(2013~2015年)を務めた後、現在ミャンマー知的財産保護促進協会(MIPPA)副会長を務め、ミャンマー科学技術省に協力し、知的財産法草案作成に協力した。
【 The Law Chambers事務所 】
1982年設立、弁護士12名を有し特に権利行使に優れた実績を有する。ミャンマー知的財産法草案作成にあたっては、所長のみならず事務所の殆どの弁護士がそのプロセスに係った。


開催内容

日程
2018年7月4日(水)
会場
TKP赤坂駅カンファレンスセンター ホール14C
URL
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-akasaka/access/
アクセス
東京メトロ千代田線 赤坂駅 5a出口 直結1分
東京メトロ銀座線・丸ノ内線 赤坂見附駅 山王下方面改札口 徒歩8分
東京メトロ銀座線・南北線 溜池山王駅 10番出口 徒歩7分
時間
受付開始 13:30 セミナー 14:00~17:10
(途中10分間の休憩をはさみます。また最後に、質疑応答の時間を10分程度設ける予定です。)
参加費用
無料
お申込方法
下記「お申込みはこちら」ボタンよりお申し込みください。 FAXでお申し込みされる場合はPDFをダウンロードいただけます。
PDFダウンロード
お問合せ
TEL 03-6862-9953 株式会社マークアイ コンサルティング部 熊谷・吉田宛

お申し込みはこちら

お名前

フリガナ
セイ
メイ (全角で入力してください)
会社名

部署名

役職名
郵便番号
都道府県

市区郡

町名・番地

ビル名
電話番号
(半角数字で入力してください。 例:03-0000-0000)

FAX番号
メールアドレス
(半角@を含むアドレスを入力してください)

ご入力いただいたお客様情報は、お問い合わせへの回答・弊社からのご案内等に利用させていただきます。詳しくは下記の個人情報保護方針をご覧ください。

以上の内容について同意される場合は、「同意する」を押し、次の画面へお進みください。


その他

本セミナーは、一般企業様向けにて提供させて頂いております。