2011年のIPニュース

2011年5月10日号インド:44,000件のファイル紛失 他

  1. インド:44,000件のファイル紛失
  2. アルゼンチン:知的財産権譲渡に関する新規則
  3. ニュージーランド:期限延長に関する新ガイドライン
  4. スウェーデン:新商標法

インド:44,000件のファイル紛失

インドでは44,404件以上の商標登録ファイルが、ムンバイ、デリー、チェンナイ、コルカタの商標局各支部から紛失していることが判明し、デリー高等裁判所は、工業政策振興局(DIPP)に、これら紛失ファイル追跡のため緊急措置を講ずるよう命じた。

裁判所によれば、これらのファイルは2006年以来行方不明となっており、商標局とDIPPは、裁判所の調査命令が出されるまでこの事実を知らなかった。
これはある商標に関する裁判の過程において、登録ファイル調査の許可命令を求めた際に明らかになったものであり、誰がいつ紛失したのかも不明である。

これらの紛失ファイルは4月26日からインド商標局のHPで公開されており、インド商標局は、2011年07月31日までに該当案件の包袋ファイルの提出を権利人及びその代理人に求めている。

具体的に提出が求められているのは以下の書類である。

  • 出願書類
  • 審査関連書類
  • 査定、登録証
  • 登録変更を示す書類(譲渡、名称・住所変更等)
  • 該当案件に関する裁判所の命令など

これらの書類は提出されると、商標局のデータ(公報、商標局の電子データ等)とクロスチェックされ、その後デジタル化され同局のサーバーへアップロードされる。
ハードコピーに関してはそのまま再成ファイルとして商標局の記録室に保管される。

尚、これらのファイルの基礎データは商標局に保管されており、ファイルが紛失したからといって直ちに登録された権利が失効するわけではない。

ところで現在商標局で公開されているファイル件数について、念のため弊社で確認したところ、公開件数は36,892件のみである。残りのファイルについて、追加で何らかの通知が発せられるか現時点では不明である。

ファイルの再成については当然ながらオフィシャルフィーはかからないが、代理人を介して提出する場合はサービスフィーが発生する。

[出典:Remfry & Sagar]

アルゼンチン:知的財産権譲渡に関する新規則

アルゼンチン特許庁は2011年03月22日付で規則第039/2011号を発し、知的財産権譲渡に関する新規則を公布した。

主要点としては下記が挙げられる。

  • 登録手続における登録証原本の提出は任意となった。
  • 書式不備や内容についての拒絶理由に対し10日以内に回答しない場合拒絶されるが、再申請は可能である。
  • 譲渡の対価が高額な場合、その金額を申請書に記載しなければならない。
    記載がない場合、特許庁は当該譲渡を無償譲渡と見なす。また、金額の記載が不可能な場合でも、その理由を明記しなければならない。

また必要書類について下記が求められる。

  • 譲渡が外国で行われた場合、署名者の法的能力と署名についての証明書(要認証)を含んでいなければならない。
    更に、当該譲渡が行われた国の法制度において有効である旨とその法律を明記しなければならない。
  • 書類が外国語の場合、スペイン語訳をつけなければならない。
  • 同一書類が5つの譲渡を含む場合、各譲渡に必要な各種書類を省略するため、特別な書式によりオンライン申請されなければならない。
[出典:IP Moeller]

ニュージーランド:期限延長に関する新ガイドライン

商標出願で拒絶理由等における回答期限の期限延長に関する新ガイドラインが公布された。

従来、期間延長に関しては、審査官の職権で複数回付与することができた。
新ガイドラインは審査官が延長を認める理由として以下を列挙している。

  1. 共存契約書又は同意書の交渉を行っている
  2. 識別性立証のため証拠を収集している
  3. 区分又は保護範囲についての拒絶対応
  4. 特許庁より更なる拒絶理由が発せられた場合
  5. 引用商標の失効を待っている等

尚、これらの理由は列挙されているが、これに限定されるものではなく、個々のケースに応じて判断される。

[出典:ニュージーランド特許庁]

スウェーデン:新商標法

スウェーデンでは新商標法が2011年07月01日付で発効される。

当該法には姓、アーティスト名に関する新条項が含まれる。
更に、識別性のあるタイトルに関する特別保護が削除される予定である。

スウェーデン特許庁は現在、姓、アーティスト名及びタイトルを含む商標出願について、審査中断を申請するよう出願人に勧めている。
申請が認められた場合スウェーデン特許庁は7月1日までこれらの出願の審査を中断する。

[出典:スウェーデン特許庁]

IPニュースの定期購読(無料)も受け付けていますので是非ご利用ください。購読をご希望の方は右のボタンからお申込みください。

IPニュース定期購読申込みへ
お問合せフォームへ
ページのトップへ