2012年のIPニュース

2012年10月10日号パナマ:商標法改正 他

  1. パナマ:商標法改正
  2. 韓国:審査に関するガイドライン(続報)
  3. ニュージーランド:マドプロ加盟
  4. イラク:審査費用の一部廃止
  5. シリア:商標登録庁の正式名称変更
  6. モロッコ:オフィシャルフィー上昇
  7. ウェストバンク:オフィシャルフィー上昇

パナマ:商標法改正

パナマは2012年10月08日付で商標法を改正した。

主な特徴は以下の通り

  • 委任状の認証不要
  • 1出願多区分制度の採用
  • 外国籍の出願人へ国内連絡先の指定の義務化
  • 使用許諾の登録は任意

多区分制度の採用により、費用、又既登録の併合等の可能性がある。
詳細が判明次第IP NEWSでお伝えする予定である。

[出典:ICAZA, GONZALEZ-RUIZ & ALEMAN]

韓国:審査に関するガイドライン(続報)

2012年09月11日付でお伝えした審査基準の変更について、弊社で引き続き確認を行っていたが、以下の続報が入った。

まず、「商品と役務の類否判断を審査段階では行わず、異議申立ての段階などで総合的に考慮し、具体的かつ個別的に判断する」という趣旨の「商品と役務の類否判断の基準改正」(案)について、2012年8月中旬頃、特許庁の支援を受ける韓国商標・デザイン協会から意見を求める連絡があった。

しかし、特許庁の商標審査政策課の担当書記官に確認したところ、検討段階で論議があっただけで、改正しないという結論に至ったとのことであった。

従って、韓国において現状では審査基準について変更はないということになる。

[出典:KIM & CHANG]

ニュージーランド:マドプロ加盟

ニュージーランドは2012年09月10日付でマドプロへの加盟を採択し、同年12月10日より正式に加盟することになった。

[出典:WIPO]

イラク:審査費用の一部廃止

イラクは多区分出願を採用しているが、一区分は更に複数のサブクラスに分かれており、これらのサブクラス毎に出願・登録費用がかかる。

2012年05月01日、イラク登録官は各サブクラスにつき2万イラクディナール(約18USD)の審査費用を追加することを決定したが、同年09月15日、これらの追加費用の廃止を通知した。

しかしながら、追加費用適用期間に出願された商標には、追加審査費用が適用される。

[出典:NJQ]

シリア:商標登録庁の正式名称変更

シリアでは従来経済商号省が商標登録の管轄機関であったが、このほど正式名称が消費者保護及び国内貿易省(ministry of Interior Trade and Consumer Protection)へ変更された。

[出典:SMAS]

モロッコ:オフィシャルフィー上昇

モロッコでは2012年10月01日よりオフィシャルフィーが上昇した。

[出典:SMAS]

ウェストバンク:オフィシャルフィー上昇

2012年04月10日号での変更に続き、パレスチナ自治政府は2012年09月03日よりウェストバンクにおける出願、公告、登録、更新、各種変更登録に関するオフィシャルフィーを上昇した。

[出典:AGIP]

IPニュースの定期購読(無料)も受け付けていますので是非ご利用ください。購読をご希望の方は右のボタンからお申込みください。

IPニュース定期購読申込みへ
お問合せフォームへ
ページのトップへ