2007年のIPニュース

2007年12月11日号カーボヴェルデ共和国新産業財産法採択 他

  1. カーボヴェルデ共和国新産業財産法採択
  2. 韓国 登録名義人の名称・住所変更手続簡素化へ

カーボヴェルデ共和国新産業財産法採択

ポルトガル語を公用語とするカーポベルデ共和国は、2007年8月21日付けで新しい産業財産法を採択した(8月20日公報シリーズI No.30にて掲載された8月20日付け法令No.4-2007)。
ポルトガルで施行されている法典とほとんど同様である上記法典は、「TRIPS(知的財産権の貿易関連の側面に関する)協定」やその他国際協定などの国際規則と現存する産業財産に関わる法律を調整しようとするものである。

新しい法典は発明、実用新案、工業デザイン・モデルや半導体構造の特許、商標・サービスマーク、事業名・標章、ロゴタイプ、原産地名称、地理的表示、および不正競争について規定する。

さらに、 2007年8月27日発行の公報シリーズI No. 32にて掲載された同日付け法令No.22-2007では、国際分類第8版(45分類)に対応する新しい商標分類が承認された。この法令は同日、つまり2007年8月27日に発効されている。

[出典:Raul Cesar Ferreira]
【解説】
2007年4月のこのコーナーにて、「カーボヴェルデ共和国 商標登録手続の開始」についてレポートしたが覚えていらっしゃるだろうか?当時の情報は、商標登録の申請受領が開始されたというところまでだった。
出願に際して領事認証が必要といった煩雑さがどの程度緩和されたのか、今回の情報のみでは判然としない。
が、8版といえども国際分類を採用し、多区分制となったことは朗報。今後も法整備が着々となされていくであろうと予感させる。

韓国 登録名義人の名称・住所変更手続簡素化へ

韓国特許庁は、2008年1月1日から出願人(または登録権者)の情報(氏名、住所等)が変更された場合、出願人コード上の情報のみ変更すれば、出願中の事件はもちろんすでに登録された権利(2008年1月1日以降に登録されたものに限る)の関連情報も一括して変更されるように制度を改正すると立法予告した。一方、2008年1月1日以前に登録手続きが完了したものについては、出願人(または登録権者)が登録原簿の一括情報変更を希望する場合に限って一括変更できるようにすると発表した。

[出典:Kim & Chang]
【解説】
出願中の案件なら、住所変更、名称変更は一括処理できるし、安いのに、登録後は高くて…。
それじゃ更新のときまで放っておこう。なんて決めた記憶はないだろうか?更新前にさらに引越し、改称を繰り返したら、もうたいへん。軌跡をたどるだけでも相当厄介。それもこれも、登録後の変更手続が煩わしいからにつきるのだ。今回の改正予告はこうした不満を一掃する絶大な力があるとみた。来年早々から、この改正は施行するようなので、変更手続が必要な方は、年末の掃除の一貫として準備しておくとよいだろう。

解説:豊崎国際特許商標事務所 弁理士 豊崎 玲子

IPニュースの定期購読(無料)も受け付けていますので是非ご利用ください。購読をご希望の方は右のボタンからお申込みください。

IPニュース定期購読申込みへ
お問合せフォームへ
ページのトップへ