2007年のIPニュース

2007年4月5日号アフリカ特集

  1. カーボヴェルデ共和国 商標登録手続の開始
  2. モザンピーク共和国 2006年7月より知的財産法修正法が施行
  3. ボツワナ マドリッド協定に基づく指定不可

カーボヴェルデ共和国 商標登録手続の開始

カーボヴェルデ共和国では、2003年4月7日に施行されたカーポヴェルデ法令No.7/2003に基づき、商標登録申請の受領が開始された。

同国では長年1940年ポルトガル工業所有権規約が採択されており、同規約によれば商標登録、サービスマークの登録が可能であるはずだったにもかかわらず、現実的には、商標登録の制度は確立していなかった。それがようやく、信頼できる効果的な登録制度が確立されるに至ったのである。

[出典:Adams & Adams]
【解説】

カーボヴェルデ共和国は、セネガルの対岸に位置する大西洋上に浮かぶ小群島国家である。もともと無人島だったこの島にポルトガル人が入島したのが15世紀ごろ。以来、1975年に独立するまで、ポルトガル領だった。このためポルトガルの影響はすこぶる大きく、同国が対カーボヴェルデ輸出入先のトップである。
日本との関係でみると、対日輸出額は、1500万円程度と少ないが、自動車を主とする対日輸入額は6億円を超えている。日系自動車企業にとってカーボヴェルデ共和国での商標登録は必須である。

カーボヴェルデ共和国の商標登録制度について、複数の法律事務所が「暫定的な要素が多いため将来新たな法律が施行される可能性がある」と指摘する一方で、現行制度での商標登録を受けることを推奨している。これは将来、新法が施行された場合には現法で保護される権利がそのまま引き継がれるであろうと予測されるためである。

なお、筆者が調べるかぎりにおいて、在日カーボヴェルデ公館は見あたらない。よって提出書類に必要な領事認証の取得方法等については現地代理人に事前に問い合わせることが必要。

モザンピーク共和国 2006年7月より知的財産法修正法が施行

2006年7月より知的財産基本法の修正法が施行された。修正法は、周知商標と著名商標がきちんと区別されている点に特徴を有する。また異議申立制度および期間の延長制度について修正がなされている。

なお、モザンピークでは、商標登録日から5年目経過前6か月から経過後6か月の期間(一年間)に商標使用の意思を表明する宣言書の提出が義務づけられており、宣言書の提出がない場合には商標権無効の取扱を受けることとなる。

[出典:Adams & Adams]
【解説】
修正法施行とほぼ同時期に導入されたのが印紙代の値上げ。2006年11月より値上げが発表されており、どうやら2007年の早い時期には値上げが実行される見込みだ。

ボツワナ マドリッド協定に基づく指定不可

ボツワナ共和国はごく最近マドリッド協定加盟国となったが、国内法に国際商標登録を承認する規定を設けていないため、国際登録におけるボツワナ国指定は無効として扱われる。

[出典:Adams & Adams]
【解説】
ボツワナ共和国がマドリッド協定加盟国としてWIPOに認められたのは2006年9月。国際登録出願をする際、WIPOのHPにて公開されている指定シートを使えば、指定国として指定することができる状態になっている。どうやらまだ国内法の整備がなされていないらしい。WIPOのHPで特にそのようなニュースが取り上げられてはいない様子だが、マドプロ経由でボツワナ共和国への出願を試みるならば現地代理人に事前に現在の状況について確認しておくべきだろう。

解説:豊崎国際特許商標事務所 弁理士 豊崎 玲子

IPニュースの定期購読(無料)も受け付けていますので是非ご利用ください。購読をご希望の方は右のボタンからお申込みください。

IPニュース定期購読申込みへ
お問合せフォームへ
ページのトップへ