ブランディングニュース ブランディングニュース

ネーミングやロゴ開発など、ブランディングに関する記事をリリースいたします。

2019年03月29日ブランディングネーミングを阻む怪獣①

ネーミングのプロジェクトを日々こなしているとネーミング決定までに様々な困難に遭遇します。ひょっとすると皆さんも経験したことがあるかもしれない、ネーミング決定を阻む怪獣のような方々について触れたいと思います。

≪ゼロ怪獣≫

ネーミングがほぼ決定し、その報告する会議で発表をし、そろそろ締めに入ろうとした時にまさかの一言。 

「一回ゼロからもう一度考えてみない?」

ネーミング案がなかなか出ず煮詰まった時であれば有効な方法かもしれません。ただなぜ、今のタイミング!?。発言する方はむしろいいこと言ったな・・なんて表情をしたりもします。

対処方法は何か。

可能であるならばピシャリと「いや、ここまで一定のプロセスを経て来ておりますので、このまま進めたいと思います!」と言いましょう。意外に「あ、そう」なんて一言で終わることもあったりします。

ただ、いやそれは出来る自信がないという方には。

本当にゼロに戻すのではなく、ネーミングについての要件定義を明らかにして、ここまではギリギリ戻っても何とかなるという撤退ラインを敷きます。候補となっているネーミング案がよかったというポイントをまとめて、それを要件定義として設定し、この条件下でもう一度考えてみますとすると、ある程度再制作の作業のボリュームも限定的になるので効果的です。

ただ一方で、こういった発言をしそうだなと思う方には事前に情報共有するなど、なるべくこの発言をさせないように準備することが最も効果的であったりはします。