ソーシャルメディアポリシー「基本方針」

2020年7月17日制定
株式会社マークアイ 代表取締役 川合 義彰

1.はじめに

ソーシャルメディアの普及に伴い、誰もが自由に発言を行うことが可能になる中で、企業に属する全ての関係者一人一人が、企業の商品やサービスの魅力を世に伝える役割を担うとともに、そのブランドに対して責任を負う立場となっています。個人でソーシャルメディアを利用する場面において、企業の一員として世界中に情報を発信することの重要性と、不用意な発言が他者を傷つける可能性を理解する必要があります。ソーシャルメディア利用の際の心構え、目的、姿勢を明確にすると共に、当社のブランド価値の向上とポジティブで積極的なソーシャルメディア活用を実現するために、基本指針を皆様に公開するものとします。


2.基本方針

2-1.ソーシャルメディア参加の目的

株式会社マークアイ(以下「当社」という。)は、以下の3点を目的とし、ソーシャルメディアに参加します。

1)ソーシャルメディアを通じて、お客様の率直なご意見を伺い、当社に望まれるサービスに対する理解を深めること

2)当社サービスについての情報、また当社社員の想いをより多くのお客様に知って頂くこと

3)お客様とのコミュニケーションを楽しみ、それを通じて、お客様の満足度、当社に対する信頼とブランド価値を高めること

2-2. ソーシャルメディア参加に当たっての心構え

当社の従業員はソーシャルメディアが全世界を対象とした媒体であり不特定多数の個人が利用するコミュニケーションツールであることを理解した上で、以下の行動規範の下、情報の発信を行って参ります。

1)所属する組織及び雇用形態に関わらず、全従業員は、国ならびに各地域の法令を始めとし、「就業規則」等の内部規定や個人情報保護方針、インサイダー取引に関する情報開示関連方針及びその他の関連方針や法令等を遵守します。

2)自身の発言が個人のみならず企業にとって多大な影響を与えること、また一度行った発言を取り消すことができないことを理解し、誤った情報や不適切な表現により社会に誤解を与えることのないよう、良識と節度ある振舞いを心掛けます。

3)他者の知的財産やプライバシー等の権利を毀損せぬよう配慮します。

4)全ての人種・文化・ジェンダーを尊重します。

5)企業の透明性を高めてお客様と良好な関係を保つことを目指し、社会に有益な情報を提供することを心掛けます。


3.ソーシャルメディアご利用のみなさまへ​

公式アカウントを運営する当社従業員がソーシャルメディアにおいて発信する情報は、必ずしも当社の公式な見解を表すものではありません。


4.免責事項

公式アカウントへの投稿が不適切なものであると判断した場合、投稿者への予告なく削除させて頂くことがあります。さらに、必要に応じて各ソーシャルメディアの運営会社または然るべき機関へ通報いたします。また、次に定める事項について、当社は一切の責任を負わないものとします。

1)公式アカウントから発信された情報を利用したことによってユーザーに生じた損害

2)ユーザーにより投稿されたコンテンツの内容及び、それによって発生したトラブル・損害