ブランディングニュース ブランディングニュース

ネーミングやロゴ開発など、ブランディングに関する記事をリリースいたします。

2018年09月28日ブランディングいいネーミングの定義とは②

ネーミングを考える際、多くの方がひらめきに頼って、いきなりつくりだすケースが非常に多いです。また、よく聞くのが通勤電車の中であったり、歩きながらフッと思いつくことを期待している方法。

もちろん可能性がゼロだとは言いませんが、なかなか厳しい結果になるでしょう。ひらめきほど当てにならないものはありません。残念ながらそのひらめきも普段目にしていたり、耳にしたりしているものから作られている部分もあるでしょう。

よって、出来上がったひらめきネーミングが、実は既にあるネーミングとカブっていたりすることも。ひらめきを期待する前にもっと重要な作業が実はあります。

それは「情報の整理」です。

単に対象製品の主な特長のみから考案をスタートさせていませんか。もっと細かく、具体的には、

対象国

対象とするターゲット

価格設定

他社製品との違い

特に強調したい特長

使用する主な言語

長さ

音感

などなどざっと挙げただけでもこれくらいにはなります。そして、何を一番に伝えたいか。限られたスペースで表現しないといけないからこそ、情報を整理する作業はとても重要になります。