採用情報OUR PEOPLE

社員を知ろう

「仕事のやりがい」「入社の決め手」「職場の雰囲気」など、当社で活躍する社員の"生の声"をご紹介します!

営業

スムーズなコミュニケーションで
専門知識や業務スキルを
じっくりと学べる職場

小池 湧太YUTA KOIKE

所属
営業部門(コンサルティング部)
職種
営業職
社歴
3か月目/新卒採用

大学卒業後、初めて社会人として働く「職場」や「仕事」はどうですか

入社してしばらくは「初めて社会人になること」に緊張していましたが、社内の皆さんが気にかけ、話しかけてくださったり、業務でわからないことを何度質問しても気持ちよく回答してくださるので、居心地の良い職場だなと思っています。
現在は営業職の実務研修期間中のため、見積書の作成、受注処理、お客様からのメールや電話の対応など事務業務をしながら「お客様はどのようなご要望をお持ちなのか」「当社のサービスの種類や価格」「見積もりご依頼時や受注の時に確認すべき情報」などを中心に、営業で必要なスキルを習得しています。大学で学んだマーケティングに関することを実際のビジネスの場で目にすることもあり、充実した毎日です。

入社の決め手は何でしたか?

大学で専攻していたマーケティングの授業で、企業のブランド戦略や成功事例など、ブランドが社会に認知されていくことに興味を持っていたところ、マークアイがブランドの要となる商標に関わるサービスを提供していることを知り、応募しました。
お客様とのコミュニケーションを通じて、ブランドに対する思い、お困りごとや考え方を十分に伺った上で、当社のサービスを提案する「コンサルティング営業」が営業職の仕事であることを知り、「大学で学んだマーケティングの知識を活かしたい」「信頼関係を築きながらお客様のパートナーとして活躍したい」という自分の希望とマッチしていたので入社を決めました。

同僚との打ち合わせ教育担当社員との打ち合わせ:様々な情報を共有します

仕事をする上で不安な点は何でしたか?

「商標」は専門性が高いので、その知識がなくても大丈夫なのか、新卒での入社だったので、お客様や社内の方々など周囲の皆さんが先輩という環境の中、若い自分でも大丈夫なのかという2点が不安でした。
営業職では、最長3年間、先輩社員が教育担当として指導やアドバイスをしてくださるので、自分のペースでじっくり専門知識等が学べることが分かり、安心しました。また、何度か先輩社員とお客様の訪問をしましたが、とても優しいお客様ばかりで、まだ何もお役に立てない私に励ましの言葉をいただくこともありました。
お客様、そして社内の皆さんが温かく見守ってくださっていることを励みに、今後入社される新卒の皆さんのよき先輩として、頼られる存在になりたいと思っています。

相互学習趣味講座相互学習趣味講座:昨年発足したフットサルチーム

営業事務

お客様、社内の要望を先回りし
ニーズに応えることに
やりがいを感じられる仕事

吉田 歌織KAORI YOSHIDA

所属
営業部門(コンサルティング部)
職種
営業事務担当
社歴
3年目/キャリア採用

担当する業務と職場の雰囲気を教えてください

営業事務として主に営業のサポート業務を行っています。
見積書や資料作成、請求書の発行、電話対応など営業のサポート業務を幅広く行っています。お客様からのご依頼は迅速に対応する必要があるため、営業事務が営業の代わりにハンドリングして業務を進めていくことも多いです。また、日々世界各国の商標に関する情報が入ってくる中で、法改正があった際には、いち早く情報をキャッチし、各部署と連携しながら対象となるお客様へ連絡をしています。 仕事でわからないことやトラブルがあっても周囲に相談すればみんなが助けてくれますし、社歴に関係なく仕事の相談はもちろんプライベートの話までできる とても温かみのある雰囲気です。

入社の決め手や不安なことは何でしたか?

日本企業の活動を知的財産権の面からサポートしているというところに興味が湧きました。詳しく調べてみると、様々な企業のブランド戦略に携わっていることを知り、日本企業の役に立ちたいと思い、入社を決めました。
知的財産権という言葉に馴染みがなく、入社前は何の知識もないまま入社しても大丈夫だろうか、と不安でしたが、入社後には社内の研修があったり、周りの先輩方が丁寧に教えてくれたりと、まったく知識がなくても仕事をしながら学んでいける環境で、安心しました。

同年代社員会同年代社員会:役員とも一緒に飲みに行きます

どんなときに仕事のやりがいや喜びを感じますか?

ただ営業からの指示を待つのではなく、どんな対応をしたらよいのかを先回りして行動し、結果としてお客様はもちろん、営業や他部署からの要望にスピーディかつ正確に応えられたときにやりがいを感じます。 また、日々変化のある仕事のため、お客様それぞれのニーズに応える臨機応変な対応が必要とされるので、営業社員や関係部署に相談しながら効率良く業務を進めていくことも面白いです。
コンサルティング部は社内の中でもお客様や他部署と関わることが多く、いろいろな方々とやり取りができることもやりがいの一つです。
将来は、知的財産権の知識を身につけるだけではなく、営業と同じようにお客様の対応ができるようになり、社内の部門へうまくバトンタッチができる存在になりたいと思います。

チーム会議チーム会議:定期的な会議で情報共有をしています
商標出願業務

世界を舞台に
日本企業を支援していると
実感できる仕事

齋藤 将輝MASAKI SAITO

所属
業務部門(商標出願業務部)
職種
商標権利化支援担当
社歴
4年目/キャリア採用

担当する業務と職場の雰囲気を教えてください

商標出願業務部に所属し、 世界各国での日本企業の商標権利化を支援しています。
担当するお客様の業種は広範囲にわたるため、広い視野で情報を収集したり、お客様の要望をヒアリングし、それらの情報を元に、様々な国の弁護士・弁理士(現地代理人)とのコミュニケーションを毎日行っています。
社内は静かで、集中しやすい環境で、現地代理人が来日した際には英語で研修を行っていただいたり、一緒に食事をする機会もあります。

入社の決め手や不安なことは何でしたか?

前職とは全く違う分野の知的財産権を扱うことに関して、入社時は正直不安でしたが、日々の業務を通じて知識は身につくと伺ったので入社を決めました。
実際、様々な業務を任せていただくことで幅広い知識が身につき、分からない点は先輩方からも優しく教えていただいています。
また、世界を舞台に活躍したいという想いを実現できると感じたことも決め手の一つで、入社3年目には、スペインへの海外出張(INTA)の機会もいただきました。

海外出張海外出張:若手社員でも海外出張のチャンスがあります

どんなときに仕事のやりがいや喜びを感じますか?

商標権利化の支援を行っていく過程で、現地代理人やお客様とコミュニケーションを取り、困難な状況を一緒に打開できたときは、非常にうれしく思います。
また、海外旅行先で、自分の担当した商標を目にした瞬間は、日本企業に貢献したことが形になっている、本当に日本企業の海外展開を支援している、と強く実感できました。
そして、そのような体験をお客様と一緒に共感できることにも喜びを感じます。
将来は、いろいろなことにチャレンジしながら部門を引っ張る自分の姿が、誰かの望む場所になり、そして部門の皆が一緒に働くことができて良かった、と思える存在になれればと思っています。

事前確認会議提案内容の打合せ:部署会議へ提案する資料の事前確認